interview

坂本 和津美 ライター

interview
scroll
人生を豊かにするために新しい挑戦を。
坂本 和津美
ライター

人生を豊かにするために新しい挑戦を。

―前職ではなにを?

某百貨店にて美容部員として働いていました
友人から、「知り合いがパソコンを使える人を探しているんだけど。」という誘いがあり、リユニオンと出会いました。

WEB制作会社のライターというこれまでとは全く違う業界業種であり、全てが未知の世界でしたが、リユニオンでは化粧品も多く取り扱うため前職の経験は絶対に活かせると考えていましたし、私自身新しいことにチャレンジする方が絶対に今後の人生にとってタメになると思い入社しました。
早いもので一年が経ちますが本当にいい出会いだったと今でも思いますね。

―今の仕事について

ライターとして、取り扱う商材の紹介記事の執筆を行っています。
同時に素材の撮影や商品紹介動画も制作しているため、ライティングのみならず様々な分野にも携わっています。元々クリエイティブに関するスキルは殆ど持ち合わせていませんでしたが、周りの方たちのサポートもあり、とにかくこの期待に応えたいと言った思いで日々業務に打ち込んでいます。

クリエイティブで広がる世界

―この仕事の魅力を教えて下さい。

クリエイティブに携わる時間が本当に楽しいことです。
これまで自分が知らなかった領域だからこそ、調べることでどんどん世界が広がっていく楽しさと、知識と経験豊かな上司の元で働くからこその得られるイノベーションは本当にリユニオンならではだと思います。

ただ同時に、修正依頼が入った時や思うように記事が伸びない時など、クリエイティブの難しさを痛感する毎日でもあります。
記事を読んでいるユーザーを飽きさせない為に、他社様の記事を参考にしたり周りの方にアドバイスを貰いに行くなど、自ら情報を取りに行くことが重要です。
その分自分の制作したもので実際に効果が出た瞬間は、何もにも代えられないですね。

―仕事で大切にしていること

とにかくコミュニケーションをしっかりととるように心がけています。
必要としている素材や文言、デザインなどに対して自分が少しでも疑問に思った部分や気になった点は、全て細かくヒアリングするようにしています。
一見効率が悪そうに見えるかもしれませんが、すり合わせの甘さによる認識相違などは、却って時間を浪費し兼ねないので入社当時から徹底しています。
結果的に短期間で沢山の知識を得ることが出来ましたし、生産性もあがるのでより幅広い業務を任せて頂けたのだと思いますね。

―リユニオンの魅力

リユニオンはデザインは勿論、プログラミング、ライティング、マーケティングなど満遍なく得意な少数精鋭部隊なので、とても頼りがいのある方たちばかりです。

何より年齢や性別関係なく仲がとてもいいので、オフィスの空気感もいいですし連携もとりやすいです。
お互いがお互いのステークホルダーを大切にしているので、オンオフもしっかりしていますし、メリハリをもって業務に集中できることも魅力的です。

頼れるクリエーターを目指して。

―最後にメッセ―ジをお願い致します。

本当にありがたいことに入社して1年で幅広い業務に携わらせていただいているので、知識と技術を更に広げていきつつ、より様々なことに挑戦したいですね。 何より、リユニオンの皆さんには出来ないことはないんじゃないかと感じるくらい個々のスキルが高いので、一日でも早く追いついて「坂本さんなら大丈夫」と言われる存在になっていきたいと思います。
back to interview index
next interview ― 当たり前だけど大事なことを。